☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Berlin(ベルリン)~観光編②~
ベルリンといえば

多くの方がこのことを思い浮かべるのではないでしょうか!?
そう!ベルリンの壁!

オスト駅に到着後徒歩3分と聞いていたのに

北と南を反対にとらえていたり、

方角がわかってからも私達はちと迷子に^^;

そして、やはりベルリンは寒かった風

迷っている間に身体は冷え冷えにjumee☆faceA134

寒さに耐えかねた旦那様。

「あ、あったあった!」「これベルリンの壁の跡やで。」

CIMG9280_convert_20091225181607.jpg
これを見てそういいました。

・・・うん、そうね。確かに位置的にそうかも知れない。

でもね、たとえそうだったとしても、

「私が見たいのはアートギャラリーの方なのよぉ~~~嘆き。

ということで却下。

さらに数分歩き、
CIMG0500_convert_20091224055426.jpg
CIMG0501_convert_20091224055353.jpg
やっとギャラリーへ到着ですかおまる

このギャラリーは「イーストサイドギャラリー」といって、

シュプレー川沿いに1.3kmにわたって残るベルリンの壁に

オープンギャラリー形式で保存された、

各国のアーティストが描いた壁画を見ることができるのです。

CIMG0494_convert_20091224055311.jpg
CIMG0498_convert_20091224055233.jpg
強いメッセージを込めて描かれたものなのでしょうね。

壁と壁の間には門が。

CIMG0491_convert_20091224055629.jpg
門の間からは向こう側の景色を見ることができます。
(ピントが門の方にあっちゃってるけど^^;)

見どころどころなんて何もないただの風景だけど、

20年前、ドイツの人が見たくても見れなかった景色、

行きたくても行けなかった場所なんだと思うと

感慨深いものがありました。

時間の関係でほんの少ししか見れなかったのが残念です><

急いでベルリン中央駅へ戻り、

今度はドレスデンへ移動です!

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

【2009/12/23 20:46】 | 旅行(ドイツ編) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<Dresden(ドレスデン)のクリスマスマーケット | ホーム | 赤の市庁舎前広場のクリスマスマーケット>>
コメント
「秋」ならぬ「冬」
ベルリンに行かれたんですね~!
>やはりベルリンは寒かった
そうでしょうねぇ、ましてやこの季節。
でも、当時の悲劇を想像するには一番の季節かも。
東独脱出を試みて凍てついた河を泳ぎ渡ろうとしたカトリーナの弟(?兄だっけ?)が射殺されたシーンを思い出しました。
これ、春江一也作「プラハの春」で始まる3部作の2作目「ベルリンの秋」のひとこま。
中欧の歴史については、殆ど馴染なかったけれど、今年はこの3部作のお陰で、民主化への動きをlove-stoy絡みで、知ることができました。3作目の「ウィーンの冬」もウィーンについて「ヘ~ッ」と思うことが沢山あって面白かったです。お時間があったら、オススメです。



【2009/12/28 22:31】 URL | happytogether #-[ 編集]
happytogether様へ
目の調子はいかがですか??

ベルリンはすっごく寒かったですよ~
確かに悲劇を想像するにはいい季節だったかもしれません。
ご紹介いただいた本はhappytogetherさんがブログにも書かれていた本ですよね!
帰国したら探して読んでみようかと思います。
ご紹介ありがとうございます^0^
【2009/12/31 04:55】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/208-c633cdd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。