☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Berlin(ベルリン)~夜行列車編~
12月11日~13日。

週末を利用して、ドイツ旅行へ行ってきましたルンルン

どうせ行くならと、

旦那様も私もまだ体験したことのない『夜行列車』に乗っていくことにしました電車
出発数分前にホームに列車が到着。

CIMG0336_convert_20091218092347.jpg
中へ入り廊下を歩き、自分達の部屋へ!

部屋は一番安い6人部屋をチョイス。

CIMG0292_convert_20091218090026.jpg
中はこんな感じ。

うぅ・・・想像していた以上の狭さショック

夜行列車は

「同室者がうるさい」とか「同室者が臭い」

「だから眠れない」とか評判は良くなかったのですが、

「そういう嫌な出来事もネタになる!」と

戦闘態勢万全ではりきって夜行列車に臨んだのですが、

部屋を見た瞬間に

「この部屋の狭さで知らない外国人に囲まれて寝るのはキツイ」

「6人分全部埋まったらどうなるの!?!?」と

意気消沈・・・すぐに戦闘態勢は消え去りましたjumee☆distraction

まずはチューリッヒからバーゼルへ。

その間は旦那様と二人きり。

今のうちに持ち込んだ晩御飯を食べよう!

としたのですが、
CIMG0302_convert_20091222075502.jpg
座ると中間のベッドに頭がつっかえてしまいます><

(↑ベッドとベッドの間をみていただくと狭さをわかっていただけると思います)

他の部屋もたくさん空いていたので

「もう誰も来ないかも!?」

そう思い、部屋をいじることに。

「一番下と中間のベッドが座席に変わるんじゃ!?」

そう考えた旦那様。

CIMG0309_convert_20091218090136.jpg
頑張る頑張る!

CIMG0310_convert_20091218090202.jpg
もっと頑張る頑張る!!!

CIMG0311_convert_20091218090221.jpg
ベッドの手すりをもってさらに頑張る頑張る!!!!!

私は一番上のベッドから応援だけ!(笑)

というのは嘘で最後の方だけきちんとお手伝いしました。

CIMG0313_convert_20091218090249.jpg
こうして快適に座れる座席が完成jumee☆SaturdayNightFeverR

無事持ち込んだ晩御飯を食べることができました。

そうこうしている間にバーゼル到着!

「どうか誰も来ませんように」

部屋を見る前の戦闘態勢はどこへやら?

部屋に誰も入ってこないことを願いましたjumee☆faceA110

その甲斐あって(?)、

誰も乗り込んで来ることなくそのままドイツへ向けて発車!

バーゼルからベルリンまでは直行だと思っていたので

その後は快適に旦那様と過ごすことができました。

お酒も入っていたので私には珍しく12時過ぎには就寝jumee☆sleeping1b



・・ガチャ・・・ガチャガチャ

目を開けるとドアのところで立っている旦那様。

部屋はロックが掛けられるようになっていたのでロックしていたのですが

それを外しているようです。

時計をみると深夜1時。

とうとう同室者出現!!!!・・・直行じゃなかったのねkao05

ていうか、私はどこででも寝れるとは思ってはいたけれど

非日常的な場所で人が来ているのも気づかないくらい寝入ってたって・・・

旦那様が気づかなかったらこの方部屋の中に入れないところだったわ汗

さっきまで同室者が来ることを嫌がっていましたが、

特に「うるさい」とか「臭い」というネタになるような要素をこの方は持っていなかったし、

寝る準備をした後はすぐに横になってしまったし、

この時はすでに「後は朝まで寝るだけ~」という状態だったので

特に嫌とは思わず、再び眠りに就きました。

でも・・・眠りが浅~いがーん

きっかり1時間毎に目が覚めてしまいます><

寝ては目覚め、目覚めては寝てを数回繰り返し、

そんな感じでとうとう朝を迎えてしまいました。

6時頃、「グゥ~テンモルゲ~~~ン」と

元気にすごく大きな声で車掌さんがまだ寝たい人もいるだろうにみなを起こしてくれますjumee☆faceA109

予想通りトイレは混みましたが、

「みんな歯磨きしないの!?」というくらい洗面所はガラガラでした。

私が洗面所でメイクをしている間に同室者の方はいなくなり、
CIMG0341_convert_20091218090418.jpg
特に何事もなく、無事にベルリン到着わぉ

初じめての夜行列車。

ネタを求めて挑戦したハズが、

同室者が一人来るだけで眠りが浅くなってしまうという結果にkao06

「もう二度と乗りたくない!」とは思いませんが

それでもやはり、そんなに甘いものではありませんでした><

でもいい経験といい思い出になったので「これでよし!」としましょグー

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

【2009/12/21 19:40】 | 旅行(ドイツ編) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<Berlin(ベルリン)~観光編①~ | ホーム | バースデーケーキ>>
コメント
NoTitle
これはどんな人が入ってくるのかドキドキするね!
ネタにはならなかったとはいえv-355
変な人じゃなくて良かったねv-363
こんな経験なかなか出来ないねーv-291
【2009/12/23 09:43】 URL | じゅっこ #PR3AOrag[ 編集]
じゅっこ様へ
もうほんとドキドキだったよぉ~
うん!ネタになるのもいいと思ってたけど
やっぱり変な人じゃないのが一番なのかも!?
面白い体験ができましたv-10
【2009/12/24 06:58】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/205-dbd958bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。