☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Gornergrat(ゴルナーグラート)
9月28日月曜日、旅行4日目。

この旅行での最大イベントです!

マッターホルンを見に行ってきました富士山
まずはチューリッヒ中央駅からVisp(フィスプ)に向かいます。

何度見てもツゥーン湖の景色は綺麗です☆

フィスプ到着後、ツェルマット行きの電車に乗り換えます。

CIMG1984_convert_20091022230315.jpg
なんとパノラマ車両になっています!

まだ新しい電車のようで中もとっても綺麗☆

普通切符でこんな素敵な電車に乗れるなんてスイスすご~い!

1年前にクールから氷河特急に乗ってツェルマットに来たことがあったのですが、

去年はものすごい霧でマッターホルンを全くもって見ることができませんでした。

なのでマッターホルンがどんなものなのかさっぱりわからない。。。

車窓から見える大きな山全てに

「これがマッターホルン!?」「あれがマッターホルン!?」

と反応してしまいます^^;

ちなみに一番初めに遠~くのほうに見えた山。

これがマッターホルンではないか?とみんなで話していました。

結局マッターホルンではなかったのですが、

この山は「klein Matterhorn(クラインマッターホルン)」と言われている山であり、

一応マッターホルンという名前が付いている山でした。

当たらずとも遠からず?

間違っているけれど間違っていない?

・・・いや、やっぱり間違ってる^^;

という何とも複雑な山でした(笑)

このように本物のマッターホルンを探し続けること1時間。

駅に着く直前にテレビやガイドブックで見慣れた形の山が見え始め、

「あ!見えた!!!!あれが本物のマッターホルンだ!」と思ったらトンネルへ。

そして駅に到着となりました。

駅から街に出るとすぐに
CIMG7175_convert_20091022233021.jpg
私達が求めていた真のマッターホルンを拝むことができました!

写真を撮った後は、
CIMG7168_convert_20091022234346.jpg
ツェルマット駅の向かいにある登山電車の駅へ向かいます。

ここから登山列車に乗って、ゴルナーグラード展望台へ向かうのです。

1時間に3本くらいのペースで運営されています。

この際、進行方向右側に座ってください。

電車が出発し、林の中をぬけると
CIMG7236_convert_20091022230800.jpg
何とも立派なマッターホルンが目の前に現れます!

私達は「Rotenboden(ローテンボーデン)」という駅で途中下車。

なぜなら・・・『逆さマッターホルン』を見るためビックリマーク

駅から逆さマッターホルンが綺麗に見える湖岸まで、

急な滑りやすい坂を下りながら行くことになりました。

※実際にはきちんと舗装された歩きやすい道が用意されていますのでご心配なく。

身が軽いお母様はどんどん先へ!

運動音痴で怖がりな私は旦那様の手にしがみつき一歩一歩。

そしてお父様が後に続きます。

でも標高の高いこの地で体を動かすのはとっても苦しいがーん

結局半分ほど下ったところで写真を撮り、駅に引き返すことになりました。

CIMG2050_convert_20091022231038.jpg
湖岸で撮影するようにはいきませんが、それでも湖に写るマッターホルンは素敵です★

駅に戻り、終点のコルナーグラートへ。

CIMG2084_convert_20091022231412.jpg
マッターホルンを眺めながらのランチとなりました。

CIMG2075_convert_20091022231309.jpg
アルペンドールという鳥も遊びに来てくれます☆

ここゴルナーグラート展望台は見どころ満載!

CIMG2061_convert_20091022231224.jpg
ゴルナー氷河。

CIMG2101_convert_20091022231925.jpg
アルプス第2の高峰『Monte Rosa(モンテローザ)』。
左:「Nordend(ノルドエンド)4609m」、右:「Dufourspitze(ドゥフォールシュピッツェ)4634m」。

CIMG2098_convert_20091022231757.jpg
「Liskamm(リスカム)4527m」。

CIMG2097_convert_20091022231724.jpg
左:「Castor(カストール)4226m」、右:「Pollux(ポリックス)4091m」。
二つ合わせて「Zwillinge(双子)」と呼ばれています。

電車の中から見えていた
CIMG2095_convert_20091022231545.jpg
左:「Breithorn(ブライトホルン)4165m」、右:「Klein Matterhorn(クラインマッターホルン)3883m」。

素晴らしい風景に言葉がありませんアップロードファイル

アルプスの山を十二分に満喫し、チューリッヒへと戻ったのでした。

テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/10/14 04:01】 | お出掛け(日帰り) | トラックバック(0) | コメント(4)
<<Bürkliplatz(ビュルクリプラッツ)の市場 | ホーム | 弘法筆を選ばず>>
コメント
すごいね!
まさしく絶景! 自然万歳!だね♪

去年はみれなかったけど、今年はその分倍以上に素敵なマッターホルンがみえたんだね!
お父さん、お母さんパワーかもしれないね^^

帰国されたら、また写真をみせてくださいね☆
【2009/10/25 00:47】 URL | みらど #-[ 編集]
みらど様へ
自然万歳~!!!(笑)
綺麗なマッターホルンでしたよ♪
できればみらどさんとも一緒に見たかったです><
帰ったらお写真みせますねv-10
本当に素晴らしい絶景でしたv-22
【2009/10/25 17:36】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]

わー山だらけ!しかもたっかい!!
青い空とマッチして本当に素敵ね!
逆さマッターホルン、写真ではよく見るけど
実際に見たら感動的だろうなーv-342
【2009/10/26 19:10】 URL | じゅっこ #PR3AOrag[ 編集]
じゅっこ様へ
周りは高い山だらけだったよ!
スイスの空は青くて綺麗だから自然が生えるよね~v-22
ちょうどマッターホルンの近くに雲があったのが残念だったけど、
逆さマッターホルンは見れて感動だったよv-10
【2009/10/27 04:15】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/185-b563ac49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。