☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
UETLIBERG
そろそろ一人で遠出できるようにならなくてはグー!

チューリッヒに来てもうすぐ3ヶ月になるのに、まだ一人で列車に乗ったことがない私汗;;

「今日は勇気を出して!」

ということで、チューリッヒの最高地点「UETLIBERG(ユートリベルク)」に行ってきましたclover

チューリッヒの街や湖を一望できる素敵な丘山と空

シティツアーの観光コースにもなっているものもあります。
UETLIBERG行きの列車(Sバーン10番)は、チューリッヒ中央駅の地下ホーム2番から出ています。

オレンジ色の車体に「UETLIBERG」と書かれておりいい感じです♪
                 CIMG6395_convert_20080626225552.jpgCIMG6375_convert_20080626225836.jpg


列車の中はこんな感じですCIMG6381_convert_20080626233322.jpgCIMG6383_convert_20080626233651.jpg

中は蒸し暑く、ゴミがたくさん落ちているのが悲しかったです号泣

スイスってみなさん食べ歩きをするからでしょうか?

街には至るところにゴミ箱が設置されているにも関わらず、街中ゴミだらけです。

喫煙率も高く、ものすごい量のタバコの吸殻も落ちています。

歴史ある綺麗な建物やたくさんの緑があってすごく素敵な街なのに「勿体ないなぁ」と思わずにはいられません手書き風シリーズ28顔3

話が反れてしまいましたが、とりあえず出発です電車ダッシュ

走ること数分。列車は斜面を登りはじめました。丘に行くんだということを実感させられます。

皆さん、この列車でUETLIBERGに行かれる際は、進行方向右側にお座りくださいスマイル2

周りの景色は緑・緑・緑ですが、ところどころ木々の間からチューリッヒの街並みを見ることができます。

約30分程で「UETLIBERG」到着ですキラリラ

しかし、駅に着いたからといってここがゴールではありません

このような看板がありCIMG6400_convert_20080626230220.jpg山道を約15分かけて登らなければなりません。

ベビーカーを押しながら登っているお母さん方がおられたので、CIMG6403_convert_20080626233130.jpg

それほど負担にならないのかと思っていたのですが、

その日の気温が30度を越していたことと日ごろの運動不足が祟って、

汗だくになるは息切れはするはで大変でした苦笑い

途中に奇妙なものもありました。CIMG6404_convert_20080626230455.jpgCIMG6409_convert_20080626230954.jpg

やっと到着したと思った頂上でしたが、目の前にこんなものが。。。ショックdscn0706re.jpg


この段階でもチューリッヒを一望することはできるのですが、

やっぱり一番頂上からの景色がみたいビックリマーク

ここまで来たのでもう一気に上ってしまおうと、休憩なしに上りました。

階段は通路のところが網目のようになっていて、下の景色が見えるようになっています。

高いところから景色を眺めることがとても好きな私なのですが、

今回は一人で不安だったということと、動いて心拍数が早くなっていることが重なってか、

なんだかものすごく怖いところにいるような気分になり、

両手で手すりをしっかりと掴みながら、下を見ないように一番てっぺんまで上りきりました。

上ってしまうと恐怖はなくなりますルンルン 風が心地よく、眺めも最高ニg
         CIMG6434_convert_20080626231526.jpgCIMG6430_convert_20080626232501.jpg
(いつも思うのですが、写真ではこの景色の素晴らしさをお伝えできないのが残念です)

30分程ゆっくりとし、帰宅の途につきました。

一人で列車に乗ることができたので、スイス生活行動編は小学生レベルになりました~笑顔

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2008/06/26 23:47】 | お出掛け(日帰り) | トラックバック(0) | コメント(8)
<<スイスの白鳥 | ホーム | ラジオ出演>>
コメント

初1人乗車おめでとうございます♪私も始めはドキドキしました。そして今でもドキドキします。笑 特に若いア○○○ア人が近くに来ると。怖いです。笑 山の上からの景色、キレイですね☆

【2008/06/27 03:53】 URL | ハム #-[ 編集]

頂上からの眺め素晴らしいですねv-353
30℃もあると汗だくですね。
スイスの夏は湿度は高いのかしら?
知らない国で一人で電車に乗ってお出かけ、ましてや言葉もままならないのに凄い勇気ですね。
いくら30分と言えども私なら絶対行かないわ。
怖がりだからi-181スイスの青空さん勇敢だわ!
頑張りましたね。
頑張りを称えてポチを10回押しますね。
ちなみに1回でも10回でも変わらないのかしら?
変わるんだったら沢山押すわよ!i-179
【2008/06/27 15:26】 URL | 森野キノコ #vOTWlvG6[ 編集]
また一歩先を越されちゃいました~
わたしの一人旅は何度も二人で一緒に乗った電車やバスに、ひとりでまた乗るだけの冒険なしです。それでもまだまだ不安です。実は日本国内でもあまり自信がない田舎育ちなので…。今は車の運転の練習も時々してますが、曲がるときに反対車線にはいりそうになります。
【2008/06/27 18:59】 URL | yorip #2er0zPNY[ 編集]
森野キノコ様へ
ほんとにすごく綺麗な景色でした!
日本に比べるとやはり湿度は低いですよ。今で大体60%前後です。日本よりも北に位置してるので、太陽との距離が近く、晴れるとすごく暑いです。でも太陽が隠れると今でも長袖の服が必要になります。晴れの日と曇りの日では10度くらい温度差が生じてしまうことはしょっちゅうです。

一人で出掛けようと思ったのはいろいろと訳がありまして。。。
こちらで日本人の方とお話する機会があって、皆さん語学学校に通ったり自分の中で目標をもっていて達成するために努力されていて、すごく向上心があるんです。でも私は特に目標もなく、語学学校に通う勇気もなく「私には何もない」「私はここで何をしているんだろ?」なんて考えて落ち込んでしまって。。。そこで「自分も何かしなければ!」と思いついたのが「一人でお出掛け」ということだったんです。
語学を勉強しないところが私の逃げなんですけどね。。。まぁボチボチ行きます(^^)こんなところ楽天家です(笑)

ポチ10回ありがとうございます!すごくうれしいです♪
ですが。。。残念ながら、ポチはお1人様1日1回しかカウントされないのです(TT)
せっかくたくさん押してくださったのに申し訳ないです。
でもお気持ちはいただきました☆ありがとうございます
【2008/06/28 04:57】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
yorip様へ
すごいですね!
車の運転練習をされているんですか?
日本と違い右側通行ですもんね。確かに右折左折は慣れるまでややこしそうです。
私は歩行者専属ですが、右側通行なので道路を横切るときに左を確認しなければならないのに右を確認してしまうクセがまだ抜けません(笑)
お互いボチボチ行きましょうね♪
【2008/06/28 05:03】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]

 まあのんびりした国ですね!ホームの改札も無く検札で切符が無ければ買うだけやし・・ICでも次の停車駅を車内放送する訳でも無くて・・・もう解ってると思うけど・・ICはInter City 特急です。ECはEuro City 国際特急・・ブログ見てたらスイスへ行きたくないました!日本では7月からレギュラーガソリン180円突入・・岩本石油へ並んで入れに行かないと・・・
【2008/06/28 10:29】 URL | たかじん #bRHBJrPk[ 編集]
ハム様へ
ほんとドキドキしますよね。気持ちをわかっていただける方がいてうれしいです☆

ハムさんはスイスのどちらにお住まいですか?もし機会があればUetlibergお越しください♪
【2008/06/28 22:34】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
たかじん様へ
日本とは比べものにらない程のんびりしています!最初、駅に改札がないのが変な気分でしたがだいぶ慣れました。
やっぱり日本のガソリン200円台も時間のうちなんですかね(--;)私達が帰国する頃にはどうなっているのでしょう?日本・・・
【2008/06/28 22:39】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/18-bfb623d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。