☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
GOLDEN PASS(ゴールデンパス)
ユングフラウヨッホを満喫し、

さてチューリッヒに帰ろうとインタラーケンで時刻表を確認。

旦那様の職場の同僚が教えてくれていた

「帰りはルツェルン経由で!」というアドバイスがあったのですが、

一番早い電車は行きと同じくベルン経由の電車。

少し疲れもあったのでベルン経由で帰っちゃう?的な考えになっていたのですが、

ツルェルン経由の電車のところに

「GOLDENPASSPANORAMIC」と書かれているのを発見!

このGOLDEN PASSというのはスイスの4台特急の1つ。

古都の面影を残すルツェルンからインターラケン・ツヴァイジンメンを経由し、

レモン湖の保養地モントルーを結ぶ鉄道。

森・湖・山・川というスイスの典型的な景観を楽しむ人気の横断ルートのこと!
ということで、30分待たなきゃいけないけど

「せっかくだしこのGOLDEN PASSに乗ろう!」

ということになりました。

GOLDEN PASSは雄大な景色を楽しめるパノラマ車両(指定席)が売りですが、

一部パノラマ車両でない列車が接続されています。

もちろん私達はこのパノラマ車両でない列車に乗車苦笑2

(それでも日本人的感覚で言うと結構大きい窓だと思います。)

簡単に言いますと、

電車は普段乗りなれている電車の作りと同じ(でも窓は大きい)なので

指定席代は必要なくルツェルン~インターラーケン・オスト間の運賃を払うだけでよく、

だけど路線はGOLDEN PASSを同じところを走ってくれるという

(電車の雰囲気にこだわらなければ)お得な電車に乗りました!

※この場合進行方向左側に座ることをお勧めします。

パノラマ車両の場合窓を開けることはできませんが、

普通列車の場合は窓を開けることができます。

CIMG0258_convert_20090824141733.jpg
インターラーケン・オストを出発して間もなく現れる『BrienzerSee(ブリエンツ湖)』。

CIMG0268_convert_20090824141809.jpg
名探偵シャーロックホームズが命を落としたとされる
「最後の事件」の舞台として知られる村『Meiringen(マイリンゲン)』。

CIMG0275_convert_20090824141856.jpg
鮮やかな緑色の湖『LungererSee(ルンゲルン湖)』。

CIMG0276_convert_20090824141927.jpg
神秘的な感じBrilliant.

CIMG0277_convert_20090824142001.jpg
『Giswill(ギスヴィール)』。

CIMG0283_convert_20090824142324.jpg
『SarnerSee(サルネン湖)』。

CIMG0287_convert_20090824142111.jpg
イエスを処刑したとされるポンティウス・ピラトゥスの霊が死後たどり着いた
という伝説のある『Pilatus(ピラトゥス)』。

CIMG0270_convert_20090824142227.jpg
お決まり世界の車窓から(笑)

スイスの美しい景観が凝縮された見事な路線でしたキラキラ

でも残念なことにこの列車に冷房がなかった・・・ショック

今年のスイスはとにかく暑い!!!

30度を超える気温。

燦々と照りつける太陽に満席状態の車内。

2時間という長い時間、まるでサウナにいるような感じで、

隣に座ったおじさんおばさんも汗だく(笑)

座る席によっては窓を開ければ心地よい風が入ってくるんだけど

運悪く私の席にはあまり風がこなかった~号泣

そんなことがあったけど、

GOLDEN PASSの一部区間しか乗れていないけれど、

それでも、

こんなにも美しいスイスの景観が凝縮されたこのルートを走ることができて

よかったと思いましたかおまる

テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/08/15 23:45】 | お出掛け(日帰り) | トラックバック(0) | コメント(6)
<<LAAX(ラークス) | ホーム | Jungfraujoch(ユングフラウヨッホ) ~その2~>>
コメント

私達の訪れた春とは、やはり景色の色も全然違いますね~、明るい!!
ルンゲルン湖の色のなんて綺麗な事!
湖の名も地名も知らずに通り過ぎたので、名前やちなんだお話が聞けて良かったです(^^)v。
冷房のないのはきつかったですね!
なんでもスイス人は列車の窓を開けたがらないそうですよ。
http://www8.ocn.ne.jp/~hugujo/bikkuri/bikkuri.html

あぁ、もう一度行きたいな~!!!
いつもこんな景色に囲まれている青空さん、羨ましいです!
一杯一杯満喫して下さいね~♪
【2009/08/24 18:58】 URL | happytogether #-[ 編集]
ユングラウヨッホ
前に行ったのは・・・
十年以上前・・・もうすっかり記憶のかなたでしたが
お写真でうっすら思い出しました~
姫たちと再訪するかなぁ~
とはいえ、行けるとしたら、9月末か10月・・・
その頃はもう寒いんでしょうか?

あ!
IKEA情報ありがとうございました~
早く行きたい~
【2009/08/25 12:58】 URL | びじゅ #dZ8n7Uo6[ 編集]
GOLDEN PASSとは・・・
『踊り子号』みたいなものでしょうか? ・・・って全然違いますよねぇ、きっと。(^_^;)
ホームズの最後の事件、つい数ヶ月前に最近TVの再放送で見たばかりです。舞台はここだったんですね。スイスには本当に綺麗な山、湖が沢山あるんですね。ドイツには山もロクにありません・・・ 南ドイツから現在住の町に越して以来、増々山から遠くなってしまいました。
ヨーロッパの鉄道の旅、一度はしてみたいと思うんですが、DBの評判の悪さを見聞きすると、どうも・・・ (-_-;) 
【2009/08/26 00:30】 URL | Nora #FBtdnRVQ[ 編集]
happytogether様へ
スイスは季節とお天気によって見せてくれる表情がずいぶん変わりますからねv-22
スイス人が電車の窓を開けたがらないという話、初めて聞いたので驚きました!
でも確かにあのサウナ状態のゴールデンパスに乗った時も、窓を閉めっぱなしにしている人がいて、「こんなに暑いのにどうして窓を開けないんだろう?」と不思議に思っていt尚ですが、きっとあの方たちはスイス人だったのでしょうね。
はい!これからもスイスの素晴らしい景色を楽しみたいと思いますv-10
でもそろそろ秋を通り越して冬を迎えるスイス・・・スイスの冬は一日中どんよりした間の冬なので、考えるだけで気分が沈みますv-12
【2009/08/26 17:04】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
びじゅ様へ
9月末か10月のスイスはもうかなり寒くなっていると思います><
ユングフラウヨッホは大丈夫なようですが、
スイスは観光名所でも夏季限定のところがあるので
お出掛けの際は注意してくださいね!
去年私は知らずに出掛けて惨敗したことがあります^^;
姫様達は標高の高いところも大丈夫なのですか?
IKEAでいい家具が見つかるといいですねv-238
【2009/08/26 17:16】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
Nora様へ
関西圏なもので「踊り子号」がピントこず調べてみたのですが間違っていたらごめんなさい。でも踊り子号も素敵な景色を見ながら移動できる電車のようですねv-238きっとGOLDEN PASSは踊り子号のようなものを考えていただいて大丈夫だと思います^^
おぉ~~!ホームズ最後の事件、最近見られていたのですね☆スイスは海こそないですが、山・川・湖など自然を楽しむにはお勧めのところですv-10ドイツは山に縁がないのが残念ですが、以前行ったミュンヘンは建築物がすごく大きくてゴージャスで素敵でしたv-20スイスも大きな建物があるのですがどれも何故かゴージャスではなく素朴な感じがします。あんなに大きな建物なのに素朴さを出せるのが不思議なくらいです(笑)
私もいろいろな方のブログを読んでいて、DBの評判の悪さを知りました。。。お出掛けする際に交通でトラブルがあると気分が沈んで嫌になってしまいますよね><
話が変わりますが、私つい3週間前まで「DB」をDeutsche Bahnだと思いこんでいました(笑)Die Bahnなのだと知ったときはちょっとした衝撃を受けました(笑)
【2009/08/26 17:54】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/170-b7a98441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。