☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Selber schneiden
『Selber schneiden』

なんと日本語訳すればいいのでしょう!?

・・・「自分で切るはさみ」かな?

何を!?

・・・「花を色付きアスタリスク-5sReg*CosmosPink(暗い背景用) †SbWebs†

そう!

自分で好きな分だけ好きな花を切って購入することができる

花屋さん(花畑)がスイスにはあるのです!
初めてこのことを知ったのは

お友達のブログを読んだのがきっかけでした。

どこにあるんだろう?と思いつつそのまま時は流れ・・・

でもあるとき私が登録してあるメーリングリストで

ちょうどこの「Selber schneiden」の情報が書かれていました。

今日私が行ったのはBinzにあるお花畑flower3

最寄りのバス停から徒歩5~10分。

CIMG0058_convert_20090813060132.jpg
目の前に大きなお花畑が見えてきました花

CIMG0063_convert_20090813060158.jpg
そのすぐ横に白いテント。

テントの中に、
CIMG0065_convert_20090813060255.jpg
花を切るハサミと花を持って帰るための包装紙と、

代金を入れるためのドラム缶(写真忘れました^^;)が用意されています。

花をた~くさん摘んだ人のために大きなカゴも1CHFで売られています。

CIMG0067_convert_20090813060338.jpg
どのお花がどれだけするかという値段表?も提示されています。

お花畑は思っていたより土地は広いけど

思っていたより花は少ない・・・jumee☆faceA109

2週間前は満開だったということなので、

シーズンを逃してしまったらしいkao06

私のお目当てのSonnenblumen(ひまわり)も
CIMG0074_convert_20090813060846.jpg
元気そうなものはこの4本だけkao06

遠くのほうにもう1か所

おじさんが作業をしているひまわり畑があったのでそこへ向かったのですが

私が目にしたのは・・・
CIMG0077_convert_20090813060910.jpg
無残なひまわりの姿ショック

おじさんに刈られていました無言、汗

よく見るとそのひまわりもすべて枯れかけていたので

結局摘むことは無理だったようです・・・

気を取り直して違うお花へ。

CIMG0070_convert_20090813060428.jpg
CIMG0073_convert_20090813060540.jpg
CIMG0079_convert_20090813060931.jpg
同じ種類のお花が列ごとに並んでいて

CIMG0071_convert_20090813060451.jpg
その列の前にも名前と値段が書かれた札が立ってあります。

自分で自分の好きなお花を好きなだけ摘めるのはと~っても楽しいのですが、

何より虫が苦手な私・・・

なのにお花畑の中には虫がうじゃうじゃ

蛾なのか蝶々なのか私にはわからない怪しい虫だとか

手にした花にはクモつきのクモの巣が絡まってたり

そして一番多いのはやっぱり蜂!蜂

ユリなんて蜂のいない花がなかったほど。

結局綺麗な花を摘むというより虫のいない花を探して摘んでいました^^;

ユリ1本・ひまわり1本・金魚草3本で600円弱。

家にお花があると華やかになっていいですねかおまる

花瓶がないのでワインの瓶にいけられていますが・・・(笑)

それでもお花の美しさに変わりはありませんキラキラ
--------------------------------------------------------------
トラム3・15番の停車駅「Klusplatz」から、
747番のバスに乗り約10分。「Post」下車。
バス停のすぐ近くに「Gassacherstrasse」という坂道があり、
その坂道を下ると「Binzstrasse」という道路に突き当ります。
「Binzstrasse」を左に曲りがりしばらく歩くとロータリーがあり
すぐ目の前に広々したお花畑がみえてきます!
バス停から徒歩5~10分で到着です★

テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/08/11 15:23】 | スイス生活情報 | トラックバック(0) | コメント(10)
<<Greifensee(グライフェン湖) | ホーム | 雨にも負けず!?☆STREET PARADE☆>>
コメント

Selber Schneidenのことは知っていたけど、いっつも時季を逃がすか「帰りでいいや~」って忘れて帰る。笑 自分で好きな花を選んで摘めるなんてステキ~v-254
でも虫のことは考えもしなかった・・・ 蜘蛛までいるんだねe-263
ワインボトルを花瓶代わりにしてるのには笑ったわe-257
【2009/08/14 17:25】 URL | ハム #-[ 編集]
ハム様へ
やっぱいく時期考えていかないとダメだね~^^;
もうちょっと早く行けばよかった><
ハムさんもいつか行けるといいね☆
自分で好きな花を摘めるって本当に素敵だよv-10
でも私も行くまで虫のこと考えてなくて、
しかももうちょっとお花が多いのをイメージしてたから、
満開のお花に囲まれながら爽やかにお花を摘む姿を想像して行ったのに
実際の姿はなんか情けない姿だったと思うわ~v-12
ワインボトル、いいアイデアでしょ!?(笑)
【2009/08/14 19:58】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
きれいですね!
自分で切れるお花屋さんがあるなんて素敵ですね!

ところで、金魚草はお互い幼稚園の頃によくミツを吸いまくっていましたが、
スイスの金魚草のミツもおいしいのでしょうか?

また感想をきかせてください☆

【2009/08/16 07:16】 URL | みらど #-[ 編集]
ひまわり残念ね
お花畑にいったんだね。ひまわり残念でしたね。
スイスにも花の生け方ってあるのかなぁ?
ちよっときになっちやった。
【2009/08/16 08:30】 URL | まえたまよし #-[ 編集]
こんなシステム
すごーい!!v-299
でも虫に振りまわされるなんて想定外だったね(笑)
シーズンはちょっとずれてしまったけれど
雰囲気は十分味わえたかなv-344
いつも面白いネタ(?)をありがとーv-353
【2009/08/16 20:37】 URL | じゅっこ #PR3AOrag[ 編集]
みらど様へ
あの幼稚園の頃によく蜜を吸っていたお花が金魚草だったのですか!?
今まで知りませんでしたv-12
幼稚園の頃に吸っていた金魚草とスイスの金魚草、
言われてみると似ているような気がしますがなんかイメージが違います(笑)
あんなにたくさんの虫がついていたお花畑で摘み取ったお花なので、
スイスの金魚草の蜜を吸う勇気がないです(T0T)
みらどさん!スイスに来られた時はぜひ挑戦してみてくださいv-91
【2009/08/17 06:55】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
まえたまよし様へ
コメントありがとうございますv-10
ひまわりは皆に元気を与えるイメージがあるので、
元気をもらいに行こうと思ったのですが
残念ながらシーズンが終わっていたようですv-12
あ!でも私自身元気がない訳ではないですよ~☆
スイスはお花を飾るというよりは、
自分の庭で土からお花を育てている人のほうが多いように思います。
スイスにも日本の生け花という芸術が知られてはいるようですがどうなのでしょう・・・
【2009/08/17 06:59】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
じゅっこ様へ
そうなの><
虫に振り回されるなんて予想してなかったよ・・・v-12
たまたま来たスイス人男性に
「このお花切り取ってください」って頼もうかと真剣に思った(笑)
声をかける勇気がなくて諦めたケド。。。
うん!雰囲気は十分楽しめたよ~v-10
面白いネタよりもお役立ち情報を書きたい気持ちが大きいんだけど、
なぜか私の生活にはオチが付いてくるみたい^^;
でも大阪育ちの私にはそんな生活がオイシク感じます(笑)
実は記事にはしてないけど、
帰りのバスも乗り間違えたりしてるんだ・・・^^;
【2009/08/17 07:06】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]

ヘ~ッ、面白い&素敵なアイデアの商売?ですね。
お花の値段がそれぞれきっちり書かれているのがスイスらしい(?)。
雰囲気だけでも楽しめてよかったですね~!
日本では、みかん狩りとかぶどう狩りはあるけれど、お花は聞いたことないですね。
日本にも探せばあるのかな???
生花がお部屋にあるのはいいですよね~!
【2009/08/18 23:18】 URL | happytogether #-[ 編集]
happytogether様へ
少しシステムが違いますが、
日本には花の摘み放題をしているところがあるようです!
生花が家にあるだけで気持ちが違いますねv-10
ただユリの花びらって大きいので、枯れて落ちるときに「ボンッ」と結構大きな音をたてて落ちたのがびっくりでした(笑)
【2009/08/19 15:48】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/166-1420b5ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。