☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Colmar(コルマール)~その1~
ニーデルモルシュヴィル村の次は「コルマール」へと向かいましたくるま

コルマールは、アルザス地方の小さな街。

「アルザス・ワイン街道」のほぼ中間に位置し、

「アルザス・ワインの首都」とも呼ばれているそうです。

歴史的背景やドイツに非常に近い街であることから、

アルザス地方独特のドイツ文化とフランス文化の入り混じった地域となっております。

中世の街並みを残す、アルザスきっての美しい街として有名です。
駐車場から街へ向かう途中で目に入ってきたのは
CIMG0199_convert_20090731064245.jpg
観光用の乗り物。

CIMG0201_convert_20090731064353.jpg
中を覗いてみると配線がいっぱい!

CIMG0200_convert_20090731064308.jpg
色々な国の言語で解説が聞けるようです。もちろん日本語も☆

ちょうどお腹が空いてきたので、

観光の前に「サン・マルタン教会」の前のレストランで腹ごしらえ食事

CIMG5366_convert_20090731071404.jpg
「アルザスといえば白ワインさとと-白ワイン」なので白ワインでjumee☆cheers1deco

せっかくだからアルザス料理を食べよう!ということで

お友達がオーダーした「La Bouchée à la reine garnie」
CIMG5374_convert_20090731065215.jpg
パイ生地の器にクリームソースがかけられています。

旦那様がオーダーした「La Choucroute garnie」
CIMG5370_convert_20090731065133.jpg
ウインナーやハムの下にてんこ盛りのザワークラフト。

お友達と私がオーダーした「Le Baeckaoffa aux 3 viavdes,salade verte」
CIMG5373_convert_20090731065145.jpg
日本のような繊細さなんてかけらもなく、

「じゃがいもど~ん!」「肉どど~ん!!!

といった感じのとっても大胆なお料理でした(笑)

そしてやっぱりアルザスはドイツの影響が大きいのだなと実感できる1品でしたキラキラ

CIMG0209_convert_20090731070512.jpg
レストランの向いにある立派な「サン・マルタン教会」。

CIMG0274_convert_20090731070126.jpg
中のステンドグラスも素敵キラリラ

CIMG0279_convert_20090731070141.jpg
ここにはコウノトリの巣があります!

CIMG5356_convert_20090731064917.jpg
お店にもコウノトリが描かれたお土産やぬいぐるみがたくさん売られています。

初めて見たコウノトリのぬいぐるみ。

見慣れない鳥だったので「何これ!?なんか変・・・苦笑2

と文句を言っていた私ですが、

コルマールを散策し、ぬいぐるみにも見慣れてくると

「可愛いかもしれない!?」

「なんか欲しくなってきた!!!」

「買っちゃおうかなぁルンルン

なんて、本気で購入を考えるほどに!

でも、一度自分を冷静にさせ再度考えた結果・・・

「これはコルマールマジックにかかっているに違いない!」

という結論をくだし、ぬいぐるみ購入はやめておきました(笑)

日本へ連れて帰ることを考えるとちょっと大変だしね><

いよいよ食事の後は観光です!

・・・ですが、長くなったので続きは次回!

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

【2009/07/29 05:17】 | お出掛け(スイス国外) | トラックバック(0) | コメント(6)
<<Colmar(コルマール)~その2~ | ホーム | Niedermorschwihr(ニーデルモルシュヴィル村)>>
コメント
水よりワイン?
前回の「ニーデルモルシュヴィル村」から、楽しみに読んでます。
本当にお料理は思いっきりドイツ!って感じですね。
コウノトリも??
あちらの人は、水よりビールというくらいだから、ワインも同じ感覚かな?
空きっ腹にアルコール、酔わないのでしょうか???
続き楽しみにしてま~す!
【2009/07/31 23:35】 URL | happytogether #-[ 編集]
happytogether様へ
いつもコメントありがとうございます☆
そうなんです!アルザスの名物料理はおもいっきりドイツ料理という感じでしたv-237でもお肉はよく煮込まれていてと~っても柔らかくておいしかったですv-238
こちらではレストランへ行くとお水よりもアルコールの方が安くで提供されているんです。こちらの人は飲みに行くといったら本当に飲むだけで、日本のように1品料理とかおつまみとともにアルコールを飲まないようです。空きっ腹にアルコールも酔わないのかもしれませんね。
【2009/08/01 08:36】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
あれからもう2週間ですね。
料理はほんとドイツのイメージでしたが、あそこのレストランにあったエスカルゴをたのんでいたらフランス風になっていたのでしょうか?それとあのカラフェがかわいかったので、先日わたしたちも500ml用を買いました。アルザスの白ワインはさっぱりとしてわたし好みでした。(近所のCOOPにも売ってますが)
【2009/08/01 16:37】 URL | yorip #2er0zPNY[ 編集]
yorip様へ
エスカルゴがあれば、
「さすがアルザスはドイツ文化とフランス文化が入り混じった地域ね~」
と言っていたかもしれません(←単純・・・^^;)
でも街を散策するだけでそのことは十分実感できましたよv-238
yoripさんが食べたお料理は「フランスっぽいな~」と
実は私自身勝手に思っております。事実は知らないのですが。。。><
カラフェを購入されたのですねv-10
アルザスで見たカラフェとっても可愛かったですよねv-10
例えワインはCoopで売っていても、
やっぱり本場で購入して味わうのが一番v-237
私も買えばよかったです><
【2009/08/01 16:52】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
ボリュームたっぷり!
この量!!やっぱりすごいねぇv-363
白ワインも美味しいんだろうなv-272
文化の入り混じっているところで違いを発見すると
なんか嬉しくなるよねv-411
小さな街なのにこんな乗り物があるっていうことは
観光客も多い街なのかな?
【2009/08/02 21:00】 URL | じゅっこ #PR3AOrag[ 編集]
じゅっこ様へ
すごいボリュームだったよ~!!!
白ワインもさっぱりしていておいしかったぁv-25
観光客はたくさんいたよ~
私が写真に撮った乗り物は待機中のものだったから人が乗ってないけど、
もう1つ街を走ってる白い汽車があったのね。
それは満席だったv-237
【2009/08/03 16:00】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/159-a7440576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。