☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
こんなバス・・・走らせていいの!?
今朝乗ったバス、いつもと少し違いました・・・

最後尾の出入り口の扉には大きなバッテン。

あれれ!?!?
CIMG0129_convert_20090624233117.jpg
扉のガラスがない!?
違う扉からバスに乗り込み、中で状況を確認。
CIMG0125_convert_20090624233328.jpg
バリッバリに割れています・・・絵文字名を入力してください

チューリッヒでは、バスの扉の開閉は車内にあるボタンを押して行います。

わかりますでしょうか?
CIMG0128.jpg
このボタン、どうにか一か所だけ扉にくっついていますが今にも落ちそうですjumee☆faceA109

なのに、バスを降りようとする皆さん、

抵抗することなく、果敢にもこのボタンを押すではありませんか!

もちろんこの扉は開かないようになっていましたが^^;

私が待っているバス停に到着する直前に何か事故でもあり、

バスを交換できなかったのかと考えましたが、

応急処置としてガムテープで大きなバッテン。

そして「この扉壊れています」という貼り紙。

バスも定刻通りに来た。

ということは、きっとちょっと前からガラスが割れていることを知っていて

でもまぁ大丈夫かな?ってことで使用しているんじゃないかと思うのです。

こんなバスを走らせて、もし怪我人が出た場合、

日本だったら「こんなバスを走らせる会社が悪い!」って

バス会社が責められるんだろうけど、

スイスはきっと

「こんな見るからに怪我しそうなものに触るあんたが悪い!」

って反対に怪我した方が怒られて問題にならないんだろうな~。

でもね、バスが揺れるたびに扉にくっついてる破片が

パリンパリンって音をたてて落ちていきますよ~絵文字名を入力してください

やっぱり危ないんじゃないかな?・・・このバスバス

終点に着いてからちゃんと修理に出してもらえたのだろうか・・・

それとも1日中走ってたりして・・・このままでショック

テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/06/24 23:46】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(16)
<<うま~~ぃ!!! | ホーム | ガッツき過ぎです!!!>>
コメント

こんなバスが普通に走っているなんて…(爆)
ある意味、貴重な体験ができましたね(笑)
この、かろうじて着いてるボタンを押すスイスの方々も…面白すぎですね!!

私も、見たかった。いや、乗りたかったなぁ~(笑)
【2009/06/25 05:50】 URL | えままン #-[ 編集]

すごすぎる!!!
写真バッチリ撮ってるのもすごすぎる(笑)
安全よりも定時運行が大事なのかな?v-104
【2009/06/25 09:40】 URL | じゅっこ #PR3AOrag[ 編集]

コミュからきました☆
なんていうか・・スイスはすごいですね
「抵抗することなく、果敢にもこのボタンを押す」、
乗客って やっぱ慣れているのでしょうか・・・笑
よかったら 遊びにきてください(^∇^)
【2009/06/25 09:40】 URL | ちゃっす #-[ 編集]
スイスもなかなか!
こんにちは。
スイスも結構、豪快ですね!(笑)
こんな無茶をするのは、オランダだけかと思ってましたよ~。
さすがに、スイスの青空さんがお乗りになった
ここまでひどい状態のバスが走っているのは見たことないですけど。
オランダでも、バスのドアが閉まらず、
閉まらないままで、高速道路を走ってしまうこともあるようです。
オランダは特に“自己責任の国”と言われているらしく、
何でも誰かのせいにする日本とは違って、皆さん大人です。(笑)
【2009/06/25 16:32】 URL | POPULA #-[ 編集]

すごいですね。
うちは壊れて開かないドビラ付きのトラムに
乗ったことがあります
降りたいところで降りようと思って
別のトビラにいこうとしてら発車してしまい、
隣の駅から歩いた経験はあります。。。
【2009/06/25 21:36】 URL | ちうりっぷ #-[ 編集]
じゅっこ様へ
写真すごいでしょ!?(笑)
写真は撮ろうかどうか初めはすんごく悩んだんだけど、
「やっぱりとらない訳にはいかないでしょ!」って思って、
デジカメに写してある写真を見ているふりをしながらシャッター押してました。
多分バレてると思うけど・・・(^^;)
安全よりも定時運行が大事。。。
日本はそれで大きな事故が起こったよね。
安全が一番に決まってるのにv-237
【2009/06/25 22:29】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
ちゃっす様へ
訪問&コメントありがとうございます!
皆さんあまりにも果敢にボタンを押すので、
「扉開かなくなってるって見ただけで分かるでしょ!」
「え~~~!普通押す???」って
一人で突っ込み入れてました(^^;)
それとも本当にこんなことが日常なのでしょうかv-12
【2009/06/25 22:32】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
POPULA様へ
オランダもなかなか無茶なお国なのですね(^^;)
扉が閉まらないまま「高速道路」ですか!?
かなり恐ろしいですねv-12
もし扉が閉まらないバスで高速道路を走っているときに、
誰かがバスから落ちてしまったら。。。
やはりバスから落ちたあなたが悪い!ってなるのでしょうか?
あまりにも人に責任をなすりつけるのもどうかと思いますが、
自己責任過ぎるのも怖いですね。
こうして海外で住んでいる人のお話を聞くと、
色々な国があるもんだな~っと思います!
【2009/06/25 22:38】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
ちうりっぷ様へ
それは悲しい体験をされたのですね・・・(T-T)
こうゆう話を聞くと「スイス人と日本人はよく似ている」と言われるのが
すご~く嫌な気分になりますv-12
結構スイスは適当な国ですよね。。。
でも皆さん優しいで楽しく生活できているんですけどねv-238
【2009/06/25 22:41】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
えままン様へ
はい!とっても貴重な体験ができましたv-238
もしかすると、えままンさんも滞在中にこんなバスに乗る機会があるかもしれませんね。
その時はブログで報告してくださいねv-237
楽しみにしています☆
危ないですけど、風が心地よかったですよv-22
・・・ってそんな問題じゃない!!!(笑)
【2009/06/25 22:42】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]

自己責任については、私もスイスの線路管理にすごくそれを感じました。
(近々、私も書きます)
それから、無駄なところにお金を使わない、という風にも見受けられました。
幹がしっかりしてるから、枝葉末節は問題にならないのかもね???
そうは言っても、このバスのその後が気になります。
終点で修理入りと思いたい、スイスびいきの私です。
【2009/06/25 23:37】 URL | happytogether #-[ 編集]

Grueezi!お久しぶりです。
すごいバスが走ってますね。
ベルリンでも、ドアが故障してたり、夜なのに車内の電気が壊れてたり
電車の半分くらいの車両が立ち入り禁止になってるなんてことは珍しくありませんが
さすがに、ガラスが割れてるのは危ないですね。
走りながらバリバリ落ちていくのでしょう?!
スイスおそるべし!
【2009/06/27 01:10】 URL | 熊子 #mQop/nM.[ 編集]
happytogether様へ
スイスの路線管理は日本とは全く違いますね。
改札もなければ発車のアナウンスもベルもなし。
一応切符のチェックには来ますが、車内で購入もできますね。
私もこの後のバスの行方が気になります・・・
ここ最近毎日バスに乗っていますが、
今のところ扉のガラスが割れたバスには再開していません。
ちょっとホッとしちゃいます(笑)
【2009/06/27 04:46】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
熊子様へ
お久しぶりです!
電車の半分の車両が立ち入り禁止だなんて
ベルリンもなかなかすごい電車が走っているのですね(^^;)
真面目な人が多いというイメージのドイツでビックリです!
はい。。。そんなにたくさんではないのですが、
バスが揺れると「パリン」「パリン」とガラスの破片が落ちてきますv-12
風は心地よかったですが、怖かったですよ~><
【2009/06/27 04:50】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
こわっ
これで子供がけがしたら誰の責任になるのだろうと思ってしまうカールです。
こんなのよくとれたねー。ある意味 いいシャッターチャンス
【2009/07/15 22:08】 URL | かーる #-[ 編集]
かーる様へ
もしこれで子供が怪我したら「子供をきちんと見てなかった親の責任」、もしくは「危ないものに触れた子供自身の責任」になるのではないかと思います。
あ!でも根拠はなくて、これは約1年スイスで生活した私個人の意見です。
小学校で子供同士が喧嘩してAちゃんがBちゃんを池というか大きな水槽?(よくわからないけど)みたいなところに突き飛ばしたそうです。
で、Bちゃんは泣きながらそのまま家に帰ってしまったそうです。
事情を知りたいBちゃんのお母さんが学校へ行き、先生に言われた言葉。
「そんなの話し合いもせずに勝手に帰ったBちゃんが悪い!」
・・・だったそうです。すごいね~スイス!
【2009/07/16 21:25】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/149-4bc51d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。