☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Lausanne(ローザンヌ)
少し前になりますが、

お友達とローザンヌに行ってきました電車

お友達はバーゼル発、私はチューリッヒ発だったため、

中間駅のベルンで待ち合わせ。

無事に合流を果たし、

おしゃべりをしているとあっという間にローザンヌ到着ですキラキラ
到着したのは12時前。

お友達が調べてくれていたお勧めレストランを目指します。

スイスではローザンヌにしかない地下鉄に乗り「Ouchy(ウシー駅)」へ。

フランスには何度か行ったことがありますが、

スイスのフランス語圏は初めて。

「英語が通じなかったらどうしよう・・・」と心配していましたが、

「ローザンヌは観光地だから英語も大丈夫」との情報を入手して一安心絵文字名を入力してください

ところがお昼に入ったレストラン。

英語でオーダーすると「ノーイングリッシュ!」と。

いきなりフランス語の壁にぶち当たる・・・絵文字名を入力してください

あたふたしたけれど、

ちょうど英語を話せる店員さんが通りがかりどうにか注文。

ランチはローザンヌ・ウシーで有名なクレープ。

お友達と二人でフランス語メニューに格闘した末、

どうにか読めた「サーモン」をオーダー。
CIMG3424_convert_20090619065819.jpg
意外とボリュームがあってクレープはもっちりしていておいしかった顔ww

お腹がいっぱいになった後はレマン湖畔を散歩!

CIMG3430_convert_20090619065901.jpg
Le Château D'Ouchy(ウシー城)。

13世紀、この地方の有力者であったランドリーにより建てられました。

19世紀に華麗なシャンデリア、自然の木目を生かした床など、

ネオ・ゴシック風に改装されたらしいです。

目指すはオリンピック博物館。

チューリッヒにもチューリッヒ湖という立派な湖があるけれど、
CIMG3443_convert_20090619065959.jpg
レマン湖の方がとってもお洒落に見えますキラリラフランス語圏という先入観からでしょうか(笑)

CIMG3447_convert_20090619070129.jpg
アルプスの山もこんなに近くに見えます♪

CIMG3444_convert_20090619070033.jpg
ここがオリンピック博物館のエントランス付近。

少し前までは中に入る気満々だった私達ですが、

探すのに少し時間がかかってしまったため

中に入っては帰りの電車に間に合わない!

ということで泣く泣く諦め号泣

再び地下鉄を使用し、急いでローザンヌ駅に戻りますダッシュ

目指すは大聖堂。

時間がない!早く~!!!

ということで取り合えず途中見えた大きな建物をパシャパシャカメラ

CIMG3457_convert_20090619070220.jpg
名前はわからないけれど教会。

CIMG3460_convert_20090619070256.jpg
Palais de Rumine(リミューヌ宮殿)。

中は州立美術館や図書館になっています。

CIMG3464_convert_20090619072156.jpg
Château St-Maire(サン・メール城)。

14世紀後半から15世紀にかけて建てられ、かつてはローザンヌ司教の館でした。

今はヴォー州の庁舎として使われています。

(↑後で調べてやっとわかりました^^;)

こんな景色を見ながら歩き、ついに目的地の大聖堂到着!
CIMG3469_convert_20090619070337.jpg
CIMG3471_convert_20090619070534.jpg
大きすぎて1枚の写真にはおさまりきりません。

「バラ窓」と呼ばれるステンドグラスや

スイスで一番美しいといわれている「使徒の入口」という彫刻も、

時間がなかったので諦めkao06

見たかった大聖堂を見終えた私達は駅へと歩き始めました。

CIMG3474_convert_20090619070604.jpg
途中偶然にも市庁舎と、
CIMG3475_convert_20090619070633.jpg
「正義の女神の噴水」のあるバリュ広場へと到着。ラッキーLOVE

また今度ゆっくり来たいなと思えるほど素敵な街でしたルンルン

慌ただしいお出掛けとなってしまいましたが、

やっぱりお友達とのお出掛けはとっても楽しかったですかおまる

Yさん、ありがとうございました☆

テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/06/18 23:27】 | お出掛け(日帰り) | トラックバック(0) | コメント(6)
<<ガッツき過ぎです!!! | ホーム | チューリッヒイベント情報をチェックせよ!>>
コメント

お天気も良かったみたいでよかったねv-278
おしゃれな食べ物!さすがフランス語圏って感じがするなぁ!
レマン湖も綺麗v-353
ココ周辺3都市日帰りで行ったんだけど、、、無謀でしょー(笑)
【2009/06/19 13:30】 URL | じゅっこ #PR3AOrag[ 編集]

ほんと綺麗なところでしたねv-352
まだまだ大聖堂の中とかも見どころがいっぱいあったんですね。わたしたち、昼ごはんに時間をかけ過ぎだったでしょうかv-355でも旅の楽しみはおいしいものを食べることも重要ですよねv-344
ところでわたしは市庁舎には気づかないままでしたv-356
【2009/06/19 16:03】 URL | yorip #2er0zPNY[ 編集]
じゅっこ様へ
えぇ~~!!!
レマン湖周辺は日帰りで3都市も行ってたんだv-237
大変だったでしょ!?でもきっといい思い出だねv-238
同じ国内でも、やっぱり話す言語が違うと影響される文化も違うからか、
とってもオシャレなものが多かった気がするよv-10
【2009/06/19 17:14】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
yorip様へ
ホント素敵な街でしたv-238
お昼ごはん、それほど時間をかけたつもりはなかったですよね~
オリンピック博物館や大聖堂の中は見れなかったけれど、
このお出掛けはそれはそれで本当にとっても楽しかったですv-10
市庁舎については、私も昨日ブログを書いているときに色々調べて初めて知りました。
何も知らなかったのに写真まで撮ってたので「やるじゃん、私!」と、
自分で自分を褒めてみました^^;
そしてブログに活用ですv-91
【2009/06/19 17:18】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
王様と王女様?
素敵ですね~! スイスって、どこもかしこも本当に癒されますよね!?
って、私は正味2日の滞在だったけど、住んでらっしゃる方からみてもそうでしょう?
大聖堂は、私がウィーンやプラハでみた威圧するような重厚さとは違い、
スイスのは、もっと華奢で繊細な感じで, 私はこちらの方が好きかな。
あちらが王様なら、こちらはさしずめ王女様でしょうか。
前の記事で読みましたが、スイス滞在あと2年なんですって?
是非是非一杯満喫してきてくださいね~!
私もスイスだけは、もう一度行きたいです!
【2009/06/25 18:08】 URL | happytogether #-[ 編集]
happytogether様へ
私はまだウィーンにもプラハにも行ったことがないのですが、
その他行ったことのある国と比べると、
スイスの建築物は素晴らしい彫刻で綺麗はあるのですが
「どうだ!すごいだろ!!へっへ~♪」っという威張った感じがないように思います。
自然とそこにあるという感じですね☆
それに生活をしていてよく思うのは、
一応チューリッヒはスイスの中で一番都会ならしいのですが、
都会の要素に飲み込まれるのではなく、
都会の要素と田舎の要素と自然とがうまく調和されていて、
また歴史的な建物や習慣を大事にしているように感じます。
日本人は田舎から都会へ出てきた人は方言を気にするようですが、
スイスは自分が話す方言に自信をもっているそうです。
そういう違いから来るものなのでしょうか?
【2009/06/25 22:53】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/148-bcf9c30d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。