☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Amsterdam(アムステルダム)
「風車」「チューリップ」「のどかな田舎風景」。

私のオランダのイメージといえば、こんな感じ。

しかし、オランダへ向かう飛行機の中で隣に座ったオランダ人が

私のイメージとは反する言葉を発しましたびっくり

「アムステルダムは混沌としているよ」
その言葉の意味は、街を歩いているとすぐに理解できました。

CIMG2566_convert_20090419090717.jpg
街中、人!人!!人!!!

様々な人種の人々(これはスイスも同じだけれど)に、

飛び交う様々な言語。

歴史を感じさせる建物の隣にモダンなビルがずらり。

トラムとトラムの間に自動車が走っていたり、

その横を猛スピードの自転車が駆け抜けていったりロードバイク

ごちゃごちゃしているけれどもその中に力強ささえも感じられる

混沌の世界がそこにはありました。

さてさて、まずはアムステルダム散策です♪

CIMG2562_convert_20090419090825.jpg
まずは立派な「アムステルダム中央駅」。

東京駅のモデルとなった駅なんだそうです。

私達は「Van Gogh Museum(ゴッホ美術館)」へと向かいました。

が、ここでもすごい人ショック

CIMG2690_convert_20090419091036.jpg
入口付近。

CIMG2679_convert_20090419093331.jpg
そこから続く長蛇の列・・・

CIMG2688_convert_20090419091220.jpg
角を曲がってもまだまだ続く人!人!!人!!!

一体何時間待ち!?

でも私達は「I amsterdam」というパスを持っていたため

待たずに入場できましたかおまるよかった♪

さすが!驚くほどたくさんのゴッホの絵が展示されていました。

私の好きな「ひまわり」の絵もみれて大満足ルンルン

CIMG2680_convert_20090419091543.jpg
お次は隣に建っている「Rijksmuseum(国立美術館)」。

Rembrandt(レンブラント)の「夜警」は圧巻でしたじー

再び街を歩き、運河を覘けいているとボートに乗ったご家族が。
CIMG2582_convert_20090419092120.jpg
カメラを向けると手を振ってくれましたかおまる

CIMG2563_convert_20090419093136.jpg
観光用ボートもあったので乗ってみることに。

こちらもパスがあったのですいす~いと乗れちゃいましたかおまる

私達が選んだコースは

「International Canal Cruises 」といって、

アムステルダムを約1時間かけてまわってくれるコースです。

「international」と書いているだけあって、

英語・ドイツ語・オランダ語での解説が順番に流れてきます。

日本語はなかった・・・泣く

CIMG2706_convert_20090419091639.jpg
こちら、船内の様子。

CIMG2707.jpg
さすが!自転車大国・オランダ。

自転車大国といえば中国だと思っていたのですが、

オランダが第一位なんだそうです。

CIMG2716_convert_20090419091836.jpg
船内からの街の様子。

CIMG2721_convert_20090419091727.jpg
この風景を見たとき、

3年前ゴンドラから見たベネチアの風景を思い出しました。

右端には中国的な建物が写っているけれど(笑)

これにてオランダ旅行記おしま~いバンザイ

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/04/18 01:27】 | 旅行(オランダ編) | トラックバック(0) | コメント(4)
<<Sechseläuten(ゼクセロイテン) | ホーム | Utrecht(ユトレヒト)>>
コメント

ヨーロッパ。。色々行かれてて、イイですねv-218で、ヨーロッパといえば、美術館巡りは、最高ですv-237ナニしろ、教科書で見た「あの」絵が。。。ガラスケヘスとかに恭しく入れられることなく、「はい、ど~ぞ、どっからでも見て頂戴v-217」って、普通に飾ってありますものねv-221。。ゴッホって。。凄い人気なんですね。。外人特有のペースで考えたら。。単純に。。三日はかかりそうな。。人数ですね。。最後の人。。「アウト~v-218」ってカンジでしょうか。。v-12
【2009/04/20 00:43】 URL | kayopee #SrzX0UcY[ 編集]

こんなに混雑しているのにすぐに入れたなんて良かったですねぇv-353
休暇中だから普段以上に混んでいたのかな??
ホント、確かに東京駅っぽいね~~って逆かv-363
東京駅がアムステルダムっぽいんだよねv-356
また素敵な思い出が増えたみたいで良かったねv-410
次はどの辺りをねらってるのかしら~v-343
【2009/04/20 13:21】 URL | じゅっこ #AOLzvUiA[ 編集]
kayopee様へ
ヨーロッパの美術館巡りは最高ですよねv-237
彫刻なんかも、普通に触れてもいいのかも!?
なんて思うくらいのところに保護せずに飾ってありますよね。
イタリアに行った時、あまりにも普通に置かれている作品を見て
「地震が起こらないからこんな風に飾れるのね」なんて思っていたのですが、
最近地震が起きてしまったので、
あの作品達はどうなったのだろうかと気になっています。
でも今回の美術館巡りでは、レンブラントの「夜警」の警備だけはものすごく厳重でした。
少し近づいただけで注意をされたので怖かったですv-27
【2009/04/21 22:36】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
じゅっこ様へ
美術館は・・・どうなんだろ?普段もこんなに混んでいるのかなぁ?
パスを買おうか迷ったんだけど、
この行列を横目にすいす~いと入場できた時は
「買ってよかった(^^)」って思いました!
ホント?アムステルダム駅、東京駅とソックリ??
実は私、東京駅って行ったことないし(多分)、
テレビにもたくさん写ってるんだろうけど全然記憶にないからわからなくって(^^;)
だからアムステルダム駅を見たときも感動が少なかったんだぁ・・・
【2009/04/21 22:42】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/125-3a886a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。