☆初めてのスイス生活☆
はじめまして。2008年4月より、チューリッヒでの生活がスタートいたしました。ドイツ語も英語も話せません。そんな私の日々の生活をお伝えしていきたいと思います。そして、今後スイスで生活される方へ、少しでもお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Grindelwald(グリンデルワルト)
もう10日以上前になりますが、

とある事情によりGrindelwald(グリンデルワルト)に行ってきました新幹線

とある事情により向かったグリンデルワルトでしたが、

うまく事が進まず用事を済ませることができませんでした無言、汗

「せっかく来たのだから観光して帰ろう」ということになり、

グリンデルワルトの街を観光することとなりました絵文字名を入力してくださいCIMG0156_convert_20090310215216.jpg





グリンデルワルトは『氷河の街』と言われています。

ここには2つの有名な「オーバラー・グリンデルワルト氷河」「グレッシャーシュルフト」があります。

『氷河の街』と言われては「氷河を見に行くしかない!」

ということになり持ってきていたガイドブックで調べていたら

「夏季のみ」

という悲しい文字が・・・号泣

「登山鉄道に乗って見晴らしのいいところへ!」

と思っても、これまた

「夏季のみ」・・・がーん

※でも私の勘違いだっただけで、登山鉄道は冬季も動いているということが後にわかりました。
  ただ、強風の場合は動かない時もあるようです。


実は先程書いた「とある事情」も

「冬期はやっておりません」との理由により断念したのでした。。。

グリンデルワルト、冬期はウィンタースポーツをする人のみが楽しむところとなっているようです。

グリンデルワルト今度は夏に行ってやる~~~~bikkuri01

でもこんなことでは負けない私達夫婦。

「お腹空いたねぇ~」ということで見晴らしのいいレストランに行くことにしました。
CIMG0208_convert_20090310215249.jpg
この日はお天気がよくポカポカしていたので、外で食事をとることができましたアップロードファイル

CIMG2100_convert_20090310220348.jpg
なんと真横には有名な『Eiger(アイガー)』

他にも大きな山が見えていたのですが、

どれがどの山なのかさっぱりわからず・・・苦笑汗

でも迫力満点でした

ランチを終え、グリンデルワルト駅に向かう私達。

その景色もとても素晴らしいキラキラ
CIMG0287_convert_20090310215454.jpg
駅前通り。この山の名前もわからなかった・・・><

CIMG0221_convert_20090310220459.jpg
日本語観光案内所がありますよ~

グリンデルワルトでの観光は諦めましたが、

まだまだ時間があるため、

今度はインターラケンに向かうことにしました笑顔

テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/03/09 17:38】 | お出掛け(日帰り) | トラックバック(0) | コメント(4)
<<Interlaken(インターラーケン) | ホーム | こ、これはちょっと・・・>>
コメント
懐かしい♪
写真を見ていたら遠い記憶がよみがえってきましたv-353
もちろんこんなに雪はなかったけど・・・。
またスキー(ソリ)にでも行ったのかと思ったら違ったのですねv-392
この雪景色で外で食事ができるとはびっくりです!
どの写真も青空と雪のコントラストが綺麗ねぇv-398うっとり!
【2009/03/11 15:09】 URL | じゅっこ #PR3AOrag[ 編集]
スキーしなかったの?
路上の雪が少ないですねー。びっくりです。
この雪景色でよく外でたべましたね。氷点下じゃないの?

登山鉄道は冬でも動いているけれど。強風だと止まります。念のため・・・。
【2009/03/12 03:50】 URL | かーる #-[ 編集]
じゅっこ様へ
グリンデルワルトはじゅっこさんも確か日帰りで行ってたよねv-10
私達はそりをしに行っていたのではなくて、
実は・・・とある事情というのは・・・
「うどんを食べに行きたかった」のです(笑)
これには深~い事情があって、どうしてもグリンデルワルトじゃないとだめで、話せば長くなるんだぁ。だから省略(笑)
スイスの空の色は綺麗だから、雪の白色ととっても合いますよねv-238
【2009/03/12 06:51】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
かーる様へ
人通りの多い路上は、綺麗に雪かきされていました。
この日はお天気がよく、温度も氷点下ではなかったんですv-221
太陽の光が強いので、そんなに寒さを感じずに外で食事をすることができましたv-271
私の後ろに座っていたスイス人なんて、すごく暑かったらしく、
ノースリーブのシャツ1枚で「裸の大将」みたいになってましたよ~(笑)
登山列車は風が強いと止まるんですね。
情報ありがとうございますv-237
【2009/03/12 06:59】 URL | スイスの青空 #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://schonblauehimmel.blog19.fc2.com/tb.php/115-26e094ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

スイスの青空

Author:スイスの青空
グリエッツィ!日本では4年間看護師をしていました。日本での忙しい生活から一転、チューリッヒでののんびりとした生活が始まりました。文化・生活習慣・言語。日本と全くちがったスイスという土地での生活は不安もありますが、楽しくもあります。ドイツ語も英語も話せないため、言葉の壁はありますが、スイスのみなさん優しさに支えられています。超マイペースでのんき者の私ですが、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

その他の言語 Ver.2

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

free counters *この白猫ちゃん、クリックを嫌います!  かわいがってあげてね♪
ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
*グリムス アースマラソン応援バナー SEO対策:スイス SEO対策:生活 SEO対策:チューリッヒ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。